直ちに見直して

いま、昔の友達の次女ちゃんのフェイスブックってTwitterを見つけ(創作アクティビティをしているみたいで、そんな発信している人のツイッターは見つけ易い)、懐かしくて以前までさかのぼって記事やエッセイを見てある。
お姉さんのことは出てこないな・・って、なんとなく残念です。
その次女ちゃんという昔の身近との間に二度とひとりの兄弟がいて、合わせて3兄弟でした。その2番目のお子さんのフェイスブックも見つけ、だとすればお姉さんはどうしているのかって、尚更気になります。
このときの気持ちは僅か複雑で、ただ思い出深いというだけじゃなく、当時の身近づきあいを通していたときの渋い記念もよみがえって来る。
その身近は20階層以外会ってないので、私の仕事場覚えているだろうかという不安もあり、次女ちゃんらのツイッターにこちらからの報告を書くのをためらってある。
・・ここで気づいたのですが、あちらが私のフェイスブックに気づく可能性もあるわけです。妻らだけじゃなく他の昔のコネクションとかも・・。いちおうフェイスブックに登録していますがほとんど手をつけてないので、直ちに見直して作り変えないと・・。当然噂を書くわけではなく・・。
会わない人のこともツイッターで知れる、不思議な時代になったなと思います。アプリは出会い系も多数あり!茨城県水戸市のランキングはこちらから

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す